*/ ?>

ホーム

採用情報

代表メッセージ

採用情報

代表メッセージ


心から理念に共感できる人は、最高にイキイキできる環境

リヴァンプは「企業を芯から元気にする」を全力で体現している集団です。多岐に渡る企業の経営者から経営に関する悩みを受け、経営改革に取り組んでいます。企業を芯から元気にするためには、経営者に改革案を提示するだけではなく、企業を支える現場の方々の業務を知らなければなりません。現場の方々が動くことではじめて企業全体が大きく変わるのです。私たちは企業の現場をとても大切にします。当然一緒に汗して働きます。クライアントから「リヴァンプの社員が現場で頑張ったおかげで売上が伸びた」と聞くと本当に嬉しく誇らしげな気持ちになります。

このように、現場を徹底的理解し経営課題の本質を見極め、企業を芯から元気するのがリヴァンプの経営理念です。採用プロセスで最も重視しているのは、この理念に本当に共感して行動できるかどうかです。当社では理念に共感し本気で会社を芯から元気にしたいと願うメンバーが最高にイキイキと働いています。

現場仕事を通じてしか、事業の「手触り感」は見つからない

当社には投資銀行や投資ファンド、TV局、広告代理店、コンサルティングファーム、商社、メーカー、流通業など多岐に渡るバックグランドを持ったメンバーが集まっています。例えば一人の社員は前職の投資銀行で大きな金額規模の仕事を手がけていました。その一方で、投資先である企業の現場で何が起こっているかを知らないまま、数字のみで判断し投資を決めるといった業務に矛盾を感じてもいました。「自分で事業現場を見たい」「将来は自分で事業を興したい」。彼はそのような思いを抱いてリヴァンプの門を叩いてくれました。

我々は、もちろん企業の経営上の数字も見ますが現場業務を通じ発見する課題を大事にしています。某飲食チェーンの改革プロジェクトでは、まずキッチンに立つことからはじまります。中古車販売会社のプロジェクトでは、洗車も重要な仕事です。この現場で最終消費者のニーズに向き合い、モノやサービスがお客様の金銭と交換される場にたってこそ、その事業がどのように回っているのかを深く理解出来ることになります。そして企業の課題やコアコンピタンスが深く理解出来るようになるのです。経営改革にはこのように現場での事業の現場を理解することがとても必要です。また、将来事業を自ら興したいと考えている方にとっても、非常に貴重な経験が得られると考えています。

代表取締役社長 兼 CEO 湯浅 智之

湯浅 智之

代表取締役社長 兼 CEO 2000年アクセンチュア入社、戦略グループに配属。 製造流通業を中心に、経営抜本的改革、マーケティングプロセス、全社コスト削減、M&A(合併・買収)、新規事業などを経験。 2005年10月、リヴァンプの立ち上げ時に参画。外食産業はじめ数々の案件に携わる。東京大学卒業。

減点方式ではなく加点方式。
失敗をおそれずチャレンジを産みだす組織

組織風土についてお伝えしましょう。リヴァンプは企業の経営改革を担うと同時に、自ら生み出した事業も経営しています。2006年にクリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパンを設立したのを皮切りに、飲食店やブライダル関連、アクセサリー製造販売や英語教育等、幅広く事業展開しており、これからも可能な限り拡大する予定です。この事業経営を通じて弊社メンバーには数多くの経験を積んでいただき、将来立派に会社経営が出来る経営者になって欲しいと考えています。つまり自分の夢をリヴァンプでの経験を糧に実現して欲しいと心から願っています。そのためには組織は常にイキイキしてなくてはならず、新しいことに積極的にチャレンジする環境でなければならないと考えています。とにかくチャレンジする人間を尊敬し、受け入れる組織であるべきだと考えています。

新しいことにチャレンジして失敗したとして、減点評価されるのであれば誰も次に挑戦したいとは思わないでしょう。挑戦に失敗はつきものです。失敗があるからこそ成功が生まれます。リヴァンプではチャレンジを尊重し、失敗を認める組織風土であるよう意識しています。失敗したら減点するのではなく、その原因を皆で共有し認め合う。そして次のチャレンジに活かしたいと考えています。リヴァンプは、メンバー皆がおもしろいと思うことや正しいと思うことにチャレンジし没頭できる環境を提供します。

そして、チャレンジが軌道に乗れば事業化が進みます。一緒に事業を推進する優秀な仲間達もいます。自分自身を成長させ、次世代の経営者として夢を実現したい方にとって、リヴァンプは最高の場であると言えるでしょう。