ホーム

リヴァンプとは

リヴァンプとは

リヴァンプの企業理念


「企業を芯から元気にする」を本気で体現する

リヴァンプは様々な事業テーマにおいて経営支援サービスを行っております。
資本参加、経営受託、マーケティング改革、ITによる業務改善。
その全てにおいて共通する想いは「企業を芯から元気にしたい」ということです。
芯から元気にするために、企業の本質的な課題を発見し、改善に向けて関係者を巻き込み、
全エネルギーを注いで改善に取り組みます。

徹底的な現場介入により、机上の空論ではなく、
地に足の着いた経営改革を実行する

「神は細部に宿る」という言葉があるように、
私たちは企業の細部である現場を徹底的に理解し経営改革を行います。
大枠の経営状況を把握するには決算書等を分析すれば十分かも知れません。
但し経営課題の本質が潜んでいるのはやはり現場です。
企業で働く方々と同じ目線で現場に入り、一緒に業務に携わらせて頂き、
経営課題の本質を見極め、実行可能な改革案を一緒に構築し、実行し、改革改善を実行します。

クライアントと共に成長し次世代へ数多くの経営者を輩出し、
社会をもっと元気にする

“企業を芯から元気にするために、地に足が着いた経営改革を実行する”
リヴァンプにはこの理念を貫き切磋琢磨する人材が数多くいます。
多岐に渡る企業の経営改革を通じて企業の成長を促し、同時に自らも成長したいと願うメンバーです。
こうしたリヴァンプのメンバーが次世代の経営者となり、
元気な企業をつくり続けることで社会に貢献してゆきます。

リヴァンプの事業モデル


「人材」を中心に据え、経営技術と資本でクライアントを支援

リヴァンプはマーケティング技術、IT技術、ファイナンス技術の経営支援サービスで企業へ価値を提供します。
その支援スタイルは「中小企業経営」に通じると言えます。
中小企業は大企業のように経営機能が分担されていることが少なく、経営者はありとあらゆることを監督しなければなりません。
そこでまずはリヴァンプから「人材」を送り、経営上の課題を抽出。手を加える領域を見極めます。
こうした支援において重要となるのは2つの経営技術です。

当社では、マーケティングとITという二つの経営技術を柱に支援サービスを提供しております。
経営改革はコスト削減と売上を伸ばす2つのアプローチがあり、コスト削減は業務効率化やシステムの再編といったIT技術の活用が非常に重要であり、
売上を劇的に伸ばすにはダイナミックなマーケティング活動が必要です。
経営状況に応じて資本参加も行い、経営基盤を強化したり、資本と共に経営陣を派遣し経営活動そのものに参画するケースもあります。

リヴァンプの事業会社


自らの企業経営で得た知見を経営支援にて活かす仕組み

リヴァンプは様々な業態の企業を自ら経営しています。飲食店、ブライダル関連、ファッション、教育、等。
クライアントへの経営支援サービスを通じて経営者として成長したリヴァンプの人員が、自身も一経営者となるひとつのゴールの形です。
それと同時に、経営ノウハウを蓄積する場でもあります。
これらリヴァンプグループ企業の経営活動にて得たノウハウや知見を、クライアントへ提供する経営支援にも活かしています。
企業経営とクライアント支援の好循環サイクルはリヴァンプの大きな特徴です。

※ 下記はリヴァンプの事業ポートフォリオの一部です。「事業ポートフォリオをもっと見る」をクリックして他の事業ポートフォリオをご覧いただけます。

事業会社をもっと見る